cameraboyのブログ(Biglobe版)

アクセスカウンタ

zoom RSS [映画]ミッション:8ミニッツ Source Code

<<   作成日時 : 2014/11/02 23:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、タイムトラベルもの(?)を観ていますが、その一環で「Source Code」を借りにビデオレンタルに行ったところ、「置いていない」とのこと。

そんなことはないと言って、スマホで検索すると、日本語タイトルは「ミッション:8ミニッツ」だとわかり、店員に告げると、それならありますと、置いてある棚まで案内してくれました。

シカゴ郊外で列車が爆破され多数の乗客が犠牲になる。犯人はさらに次の犯行を予告してきた。
戦争で重傷を負い、死を迎える直前の兵士の意識を、列車爆破事故の犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込ませ、犯人を特定しようとするという、軍のプロジェクトが進められる。

8分で犯人を特定できず、列車が爆破されるが、意識は、8分前に戻され、再度、同じシーンから、やり直しがされる。主人公だけが、前回の記憶を持つため、数回目で、爆弾や犯人を特定し、実際の世界では犯人が逮捕される。
その一方で、主人公の意識の中では、爆破を阻止して新たな人生が進んでいく。

「タイムトラベルではない」と映画の中の登場人物が語る。
むしろ『マトリックス』のようにコンピュータが作り出した世界と現実世界のやりとりを思い出させる映画でした。

「誤った仮定をおくと、どのような結論でも導くことができる」わけですが、SF映画は、奇想天外な1つの仮定を置きながら、他のことはごく普通に、原因と結果が描かれるので、ついつい、見入ってします。

面白い映画でした。

ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2013-01-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミッション:8ミニッツ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ミッション:8ミニッツ [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2013-01-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミッション:8ミニッツ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
cameraboyさま
「キネマの神様」で紹介されていたアニメ版の「時をかける少女」は
ご覧になりましたか?

時間を遡って、人生を何度もやり直す作品のなかでは、なかなかの佳作です。

「キネマの神様」のなかで主人公が「この監督、くるかも!」と言って
いましたが、ポスト宮崎駿はこの監督だとおもいます。
朝丘
2014/11/03 19:14
朝丘様
コメントありがとうございます。

「時をかける少女」といえば、原田知世主演でないと、と思い、アニメ版はまだ見ていませんでした。
いつか観たいと思います。

いくつか映画を観ましたので、しばらく、映画はおやすみです。
cameraboy
2014/11/03 19:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
[映画]ミッション:8ミニッツ Source Code cameraboyのブログ(Biglobe版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる