cameraboyのブログ(Biglobe版)

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本清張 点と線

<<   作成日時 : 2014/12/06 22:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

エッセイとノウハウ本ばかり読んでいて、小説を読むとやはり面白い。

今なら、携帯電話ですぐに連絡がつく時代。
この
本が書かれた時代は、電報で問合せる時代。
新幹線もなく、航空機の利用もそれほどには普及していない。

若い人が読むと時代背景がわかるのだろうか。

そんな時代の小説だが、少しずつ謎を解き、犯人を追い詰めていく。

Kindle 電子書籍で読みました。

点と線 (新潮文庫)
新潮社
松本 清張

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 点と線 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本清張 点と線 cameraboyのブログ(Biglobe版)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる